敏感肌のための肌荒れしない基礎化粧品(スキンケア製品)の選び方

外部からの刺激によるヒリヒリやかゆみなどを感じやすい敏感肌は、基礎化粧品選びも慎重になりますよね。

私自身も以前、大手外資系ブランドの基礎化粧品で肌荒れを起こしてからは、無香料無着色で知られている「ちふれ」の化粧品をしばらく使っていました。

現在は、敏感肌でも安心して使えて、美白・美肌効果の高い化粧品も多く販売されています。

敏感肌だけど、低刺激で安全なだけではなく、美白効果、美肌効果の高い基礎化粧品で効果的な美肌ケアをしたいという方に向けて、肌に優しくて美肌効果も高い基礎化粧品の選び方をご紹介します。

 

敏感肌のための基礎化粧品を選ぶ時のチェックポイント

肌荒れを起こさない基礎化粧品を選ぶ際に重要なチェックポイントは3点あります。

肌のバリア機能を強化する成分が含まれているか、アルコールなどの刺激になる成分が含まれていないか、抗炎症成分が入っているかという点です。

この3点について、詳しく解説します。

 

肌のバリア機能を強化する成分が含まれているか

敏感肌は、肌のバリア機能が低下している場合が多いです。

肌のバリア機能を高めて、健康な肌を作るためには、肌の一番外側にあるわずか0.02mm(サランラップ程度)の角質層の水分量をいかに保つかが重要なポイントとなります。

角質層の水分のうち、約50%はセラミドなどの角質細胞間脂質なので、敏感肌の方はセラミドが多く配合された基礎化粧品を選ぶとよいでしょう。

また肌のバリア機能が低下することによって失われるコラーゲンやヒアルロン酸が配合されていると、より肌のバリア機能改善の効果が期待できます。

 

アルコールなど敏感肌への刺激が強い成分が含まれていないか

アルコール、着色料、香料などは敏感肌への刺激となり、肌荒れを起こす可能性があるので、なるべく避けましょう。

ノンアルコール、アレルギーテスト済み、無香料などと明記されている基礎化粧品を選ぶと安心です。

また、界面活性剤にも有害なものがあるので注意が必要です。

界面活性剤には大きく分けて、自然界に存在する天然系ものと石油系から化学的に合成して作られているものの2種類があります。

肌へ悪影響を及ぼすのは石油系の合成界面活性剤です。

泡立ちが良くて優れた洗浄力を発揮するため、市販のメイク落としや洗顔料の多くに配合されていますが、肌のバリア機能を弱めたり、タンパク質を破壊したりする危険性があると言われています。

石油系の合成界面活性剤で代表的なのは、ラウリル硫酸ナトリウム(Na)、パレスー3硫酸ナトリウム(Na)、スルホン酸ナトリウム(Na)などです。

種類はたくさんあるのですが、成分表示に「スルホン酸」や「硫酸」などと記載されている場合は要注意です。

 

敏感肌の炎症を抑える抗炎症成分が含まれているか

敏感肌の炎症を抑える働きを持つ抗炎症成分が配合されている基礎化粧品は、より安心して使えます。

アロエ、カモミール、甘草、茶葉エキスなどは、抗炎症成分の代表的なものです。

 

敏感肌のための基礎化粧品(スキンケア製品)の選び方まとめ

今回は、敏感肌だけど、積極的な美白・美肌ケアをしたいという方に向けて、肌に優しく効果の高い基礎化粧品の選び方をご紹介しました。

肌荒れ改善を再優先の方には敏感肌・乾燥肌専門ブランド「ディセンシア」の基礎化粧品がおすすめ

敏感肌・乾燥肌で、とにかく肌荒れを改善したいという方には、敏感肌・乾燥肌専門ブランド「ディセンシア」の敏感肌を改善しながら、美肌を目指す基礎化粧品がおすすめです。

「ディセンシア」には、肌の状態や悩みに合わせた3種類のスキンケアラインがあります。

敏感肌用ベーシックケア「つつむ」:肌が赤くなる、化粧品がしみるなど、肌荒れが一番の悩みという方には、敏感肌の弱った角層をバリアし、通常のターンオーバーを取り戻すサポートをするベーシックケア「つつむ」がおすすめです。

敏感肌用美白化粧品「サエル」:敏感肌の改善もしたいけど、肌のシミやくすみなど、美白ケアについての悩みが一番大きい方には、敏感肌のバリア機能を補助しながら、敏感肌ならではの「シミサイクル」を断ち切り、肌に透明感を与える美白化粧品「サエル」がおすすめです。

敏感肌用エイジング化粧品「アヤナス」:敏感肌の改善もしたいけど、肌のシワ・たるみ・ハリの低下などが一番の悩みという方には、低下した敏感肌のバリア機能をケアしながら、敏感肌特有のエイジング原因にアプローチし、若々しい肌を取り戻すための敏感肌用エイジング化粧品「アヤナス」がおすすめです。

紫外線が気になる夏場は「サエル」、保湿効果が欲しい秋冬には「アヤナス」と季節によって使い分けている方も多いようです。

敏感肌・乾燥肌でも安心して使えて美白・エイジングケア効果の高い基礎化粧品ならビーグレン

また、敏感肌の改善よりも、肌荒れを起こさずにシミやそばかすなどに高い効果を発揮する化粧品を使いたいという方にはビーグレンのホワイトケアがおすすめです。

美白効果の高いハイドロキノンが配合されていますが、肌表面への負担を抑えて、肌の深部まで成分を届ける独自の技術で、敏感肌でも使える低刺激で効果の高い美白化粧品を実現しました。

肌のたるみやシワが気になるという方にはビーグレンのアンチエイジングケアがおすすめです。

「ビーグレン」の基礎化粧品は独自の技術により、肌に負担をかけずに、有効成分を肌の奥まで届けるため、効果を実感する人が多いようです。

肌本来の力を大切にしたい方には「ファンケル」の「無添加アクティブコンディショニング」がおすすめ

肌本来の力を引き出したい方や徹底的に無添加にこだわりたい方には、「悩みを解消したいけれど、できるだけ肌に負担を与えず、肌本来の力を大事にしたものが良い」というお客様の声に応えて、2015年9月にファンケルから新しく誕生したスキンケアシリーズ「無添加アクティブコンディショニング」がおすすめです。

敏感肌でニキビが気になるという方にはノブがおすすめ

敏感肌でニキビが悩みという方には、敏感肌のための肌に優しいニキビケア化粧品『ノブACアクティブ』がおすすめです。

 

敏感肌乾燥肌向けおすすめスキンケアランキング

スキンケアブランド部門、美白化粧品部門、アンチエイジング部門の3つの切り口から、おすすめのブランドはこちらの記事にランキング形式でまとめました。

トライアルセットが肌に合わなかった場合は使いかけでも返金OKという企業は、基礎化粧品を販売する企業としての信頼性が高いと考えているため、独断と偏見により1位と2位は、全て使いかけでもOKの返金保証付きのブランドのものを選ばせていただきました。

敏感肌乾燥肌用におすすめの肌荒れ改善スキンケアブランドランキング

敏感肌乾燥肌用の肌に優しい美白化粧品おすすめランキング

敏感肌乾燥肌用の肌に優しいアンチエイジング化粧品おすすめランキング

トライアルセットを初めて使用する際は必ずパッチテストをしてから、使用するようにしましょう。

パッチテストの方法やトライアルセットを使用する際の注意事項はこちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

トライアルセットで基礎化粧品を試す時の注意点

 

 


関連記事


敏感肌乾燥肌用の肌に優しい美白化粧品おすすめランキング


おすすめ記事