ミューノアージュの育毛剤の成分をチェック!副作用などの危険性は?

ミューノアージュの育毛剤の成分と安全性

「ミューノアージュの育毛剤を使ってみたいけど、どんな成分が入っているの?」

「ミューノアージュの育毛剤の成分には副作用などはないの?」

「ミューノアージュの育毛剤は敏感肌でも使って大丈夫?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、私が実際に使って効果を実感したミューノアージュ(muNoage)の育毛剤の成分や効果、副作用などの危険性などをまとめてみました。

ミューノアージュ(muNoage)は皮膚科医が開発した女性用育毛剤

育毛治療の現場から誕生した女性用育毛剤

ミューノアージュ-Wアプローチヘアプログラム-イメージ画像

出典:ミューノアージュ(muNoage)公式サイト

ミューノアージュ(muNoage)のの「Wアプローチヘアプログラム」は、皮膚科専門医の今泉明子先生が開発した女性用の育毛剤です。

今泉明子先生は、東京ミッドタウン皮膚科形成外科「ノアージュ」の院長であり、エイジングケアの美容医療では第一人者として知られています。

今泉明子先生は日々、薄毛に悩む女性の育毛治療を行う中で、女性ならではの薄毛の問題を研究し、本当に効果が実感できる育毛ケアのポイントは髪の元となる毛母細胞へのアプローチが重要であることを突き止めたそうです。

そこで、自宅でも手軽に使えて本当に効果が実感できる女性用の育毛剤としてミューノアージュ(muNoage)の「Wアプローチヘアプログラム」を開発しました。

いろいろな育毛剤を試しても効果が実感できなかった女性から

「やっと効果が実感できる育毛剤に出会えた!」

という声も多いそうです。

「Wアプローチヘアプログラム」の特徴

Wアプローチヘアプログラムの効果-グラフ

出典:ミューノアージュ(muNoage)公式サイト

ミューノアージュ(muNoage)の「Wアプローチヘアプログラム」の特徴は、頭皮美容液で頭皮環境を整えてから薬用育毛剤の有効成分をしっかり届けるというWステップを採用していることです。

髪の毛は、毛根内の毛母細胞という細胞が活発に作られることで生まれます。

この毛母細胞が少ない状態で育毛成分を与えても、しっかりと髪を育むことができず、育毛効果が得られにくいそうです。

そこで、ミューノアージュ(muNoage)の「Wアプローチヘアプログラム」では、まずは頭皮美容液で頭皮環境を整えた上で、医薬部外品としても認められている本格的な育毛剤を使用することで、効果的な育毛を実現します。

ミューノアージュ(muNoage)の育毛剤の成分や効果

頭皮美容液の主成分「オクタペプチド-2」の効果は?

Wアプローチヘアプログラム-頭皮美容液の成分-画像

出典:ミューノアージュ(muNoage)公式サイト

ミューノアージュ(muNoage)の「Wアプローチヘアプログラム」の1剤(頭皮美容液)には、オクタペプチド-2という厚生労働省に認められた薬用育毛成分が配合されています。

オクタペプチド-2は、8つのアミノ酸で合成された成分で、グロースファクターとも呼ばれる成長因子です。

このオクタペプチド-2は、毛根の中の「バルジ領域」という部分に直接アプローチし、髪の種の生成をサポートします。

「バルジ領域」には、毛の発生や成長を司る毛包幹細胞、つまり「髪の種」とも言える幹細胞が存在しています。

「Wアプローチヘアプログラム」に含まれるのオクタペプチド-2は「バルジ領域」に直接作用して、「髪の種」の生成をサポートすることができるのです。

従来の育毛剤は「バルジ領域」に直接アプローチすることなく、毛乳頭細胞と毛母細胞に育毛成分を届けるというものでしたが、年齢とともに髪が細くなる傾向がある女性の場合、「髪の種」に栄養を届けることをしないと期待する効果は得られません。

そんな従来の育毛剤の問題点を根本から解消し、女性の髪を理想的な状態に導くことができるのが「Wアプローチヘアプログラム」です。

オクタペプチド-2が作用する「バルジ領域」にはメラノサイトを生み出す色素幹細胞も存在するため、白髪予防にも効果が期待できるそうです。

「Wアプローチヘアプログラム」の薬用育毛剤の成分は?

Wアプローチヘアプログラム-薬用育毛剤の成分-画像

出典:ミューノアージュ(muNoage)公式サイト

ミューノアージュ(muNoage)の2剤は医薬部外品として厚生労働省から認められている本格的な薬用育毛剤で、こちらの5種類の有効成分が配合されています。

  • グリチルリン酸ジカリウム
    甘草(カンゾウ)というマメ科の草から抽出されるエキスです。
    抗炎症作用があり、薄毛の原因となる頭皮環境の悪化を改善し、髪が育ちやすい環境を作る効果が期待できます。
  • センブリエキス
    リンドウ科のセンブリから抽出されるエキスです。
    毛根にある血管に作用して、頭皮の血行を促進し毛母細胞を活性化させる作用があると言われています
  • 酢酸DL-α-トコフェロール
    アンチエイジング効果のあるビタミンE誘導体で、抗酸化作用により頭皮環境を整え、毛母細胞への血液循環を促進し、髪の成長をサポートする作用があります
  • ピロクトンオラミン
    フケに関係するとされる菌に対して抗菌力を持ち、フケやかゆみを防止して頭皮環境を整えます
  • パントテニルエチルエーテル
    体内でビタミンに変化するプロビタミンで、毛髪に持続的な潤いやツヤを与え、環境ストレスから保護する作用があります

1剤の頭皮美容液で、髪が育つ土台をしっかり整えた上で、2剤の薬用育毛剤を使用することで、優れた育毛効果が得られるそうです。

「Wアプローチヘアプログラム」の成分や効果について、詳しく知りたい方は公式サイトもチェックしてみてください。

>>>女性用育毛剤「Wアプローチヘアプログラム」の公式サイトを見てみる

ミューノアージュの育毛剤には副作用はある?

ミューノアージュ-Wアプローチヘアプログラムの安全性-画像

出典:ミューノアージュ(muNoage)公式サイト

ミューノアージュ(muNoage)の「Wアプローチヘアプログラム」を使用してみたいけど、副作用などの危険性がないか不安という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「Wアプローチヘアプログラム」は皮膚科医であり、自らアトピー性皮膚炎で苦しんだ経験を持つ今泉明子先生が、敏感肌の方でも安心して使えるように頭皮に優しい成分を厳選して使用しているので、副作用などの危険性はまずないと考えて大丈夫だと思います。

香料、着色料、アルコール(エタノール)、鉱物油、石油系界面活性剤、防腐剤(パラベン)はすべて不使用の肌にやさしい処方です。

私は以前、美容院で勧められて育毛剤を使用した時は、かゆみが出てしまい使えなかったのですが、「Wアプローチヘアプログラム」は問題なく使うことができました。

参考記事:ミューノアージュの育毛剤で効果を実感!効果的な使い方は?

アルコールが含まれている育毛剤はカラーリングの色落ちもしやすいのですが、「Wアプローチヘアプログラム」ならノンアルコールなので、色落ちの心配もありません。

ミューノアージュの女性用育毛剤の成分・安全性まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回はミューノアージュ(muNoage)の女性専用育毛剤「Wアプローチヘアプログラム」の成分や効果、副作用などの危険性を使用して実感した効果や効果的な使い方をご紹介しました。

現在、ミューノアージュ(muNoage)のWアプローチヘアプログラムは1,980円(送料無料)でたっぷり2週間お試しできるトライアルセットを販売中です。

  • シャンプーする度にたくさんの毛が抜ける
  • 頭頂部のボリュームがなく、スタイリングが決まらない
  • 髪にコシがなくパサついている
  • 分け目が広がってきた気がする
  • 年々、髪が細くなり、量も減っている気がする

そんな方はぜひこの機会に皮膚科医が開発した本格派の女性育毛剤「Wアプローチヘアプログラム」を試してみてはいかがでしょうか?

>>>「Wアプローチヘアプログラム」の公式サイトを見てみる


関連記事


肌に優しくて効果が高いアンチエイジング化粧品おすすめランキング


おすすめ記事