肌荒れ改善におすすめの洗顔方法まとめ。敏感肌・乾燥肌の改善にも

毎日、当たり前のようにしている洗顔やクレンジングが原因で、肌荒れを起こしたり、敏感肌になってしまったりするケースは意外と多いと言われています。

敏感肌や肌荒れで悩んでいる方は、一度、洗顔やクレンジングの方法を見直してみるとよいでしょう。

今回は肌荒れや肌の乾燥でお悩みの方に向けて、見直すべきポイントやおすすめの洗顔方法をご紹介します。

 

肌荒れ改善におすすめの洗顔方法とポイント

肌荒れ改善のための洗顔の水温

毎日、洗顔する時の水(またはお湯)の温度について、意識しているという方は少ないのではないでしょうか?

朝起きて、何気なく水で顔を洗って、夜は髪の毛を洗うのと一緒にお湯で洗顔をするという方もいらっしゃるかと思います。

(実は、私自身がそうでした。)

でも、実は洗顔する時のお湯(水)の温度はとても大切なんです。

冷たい水で洗顔すると、皮脂などの汚れや洗顔料が落ちにくくなります。

逆に高温のお湯で洗顔すると、肌の油分が過剰に落ちてしまい、乾燥肌や敏感肌の原因となります。

汚れを落としつつ、肌に必要な油分を残せる、洗顔に適した水温は30℃~35℃と言われています。

敏感肌、乾燥肌の場合は肌の油分が少なめなので、それよりも少し低めの28℃~30℃くらいです。

ぬるま湯というより、ぬるい水という程度の水温です。

 

肌荒れを起こさないよう泡で優しく洗う

洗顔の時に肌をこすったりすると、その摩擦が原因で肌荒れを起こす場合もあります。

洗顔する時には手のひらを直接顔の皮膚に触れないように気をつけましょう。

手や顔の皮膚の間にスペースがあることが、洗顔の大切なポイントです。

そのためには洗顔剤をたっぷりの泡ができるように泡立てて、泡で洗うという意識を持つといいでしょう。

泡で優しく円を描くようにマッサージするだけで、皮膚の汚れをしっかり落とすことはできます。

こちらの動画のように、少しずつ水を追加していくと、簡単にモコモコの泡を作ることができます。

うまく泡立たたないという方は、100円ショップなどでも売っている泡立てネットを使うのもよいでしょう。

 

洗顔の順番はTゾーン→Uゾーン→目元

洗顔する時は、Tゾーン→Uゾーン(頬やフェイスライン)→目元の順番で洗いましょう。

Tゾーンは、毛穴から分泌された皮脂の一部が時間の経過と共に変質して作られる変性皮脂が多く分泌される部位です。

そのため、洗顔料を一番多めに使って、丁寧に洗う必要があります。

丁寧に洗うといっても力を入れてこするのではなく、泡の上から細かい円を描くように優しく丁寧に洗います。

頬やUゾーンはTゾーンよりも油分が少ないので、泡を乗せている時間も短めにして、泡で円を描くのも大きめにして、ささっと手早く洗います。

まぶたは皮脂腺がなく、デリケートな部位なので、さらに泡を乗せている時間も短めに手早く優しく洗います。

頬やフェイスラインが乾燥気味という方は、泡を乗せている時間はできるだけ短くして、円を描かずに、泡を肌に押し付けるだけでも十分です。

洗顔は、Tゾーンを重点的にして、油分の少ないUゾーンと目元はおまけ程度と考えたほうがよいかもしれません。

 

すすぎすぎないように注意!

洗顔後のすすぎは8回程度が適切です。

ぬるぬる感が残っている感じがして、何度もすすいでしまうと、必要な皮脂まで落としてしまい、敏感肌・乾燥肌の原因となる場合もあります。

すすぎすぎには注意しましょう。

 

洗顔後は優しくタオルドライして、すぐに保湿!

洗顔をした後は、肌の水分や皮脂が減少して肌が乾燥しているので、タオルドライ後はすぐに保湿します。

タオルで顔を拭く時もゴシゴシこすらずに、顔に軽くあてて、軽く押さえるようにして水分を取ります。

その後、すぐに化粧水を手のひらに取って、顔になじませてから、乳液やクリームなどで化粧水の水分を肌に閉じ込めます。

化粧水を付ける時にコットンを使っているという方もいらっしゃるかと思いますが、コットンの繊維の刺激が敏感肌や肌荒れの原因となるケースもあるので、思いあたる方はコットンの使用をやめて、手のひらで化粧水をしっかりなじませるようにすることをおすすめします。

 

敏感肌のための肌荒れ改善におすすめの洗顔方法まとめ

今回は、普段の洗顔の中で、肌荒れや肌の乾燥の原因とる可能性がある見落としがちなポイントや肌に優しいおすすめの洗顔方法をご紹介しました。

今回、ご紹介したおすすめの洗顔方法について、まとめてみます。

  • 洗顔は冷水やお湯ではなく、ぬるめの水で行うこと
  • 直接手を触れずに、たっぷりの泡で優しく洗うこと
  • 洗う順番は、Tゾーン→Uゾーン(頬やフェイスライン)→目元
  • すすぎは8回程度(すすぎすぎないように注意)
  • 洗顔後は優しくタオルドライして、すぐに手で化粧水と乳液を肌になじませる

いかがでしょうか?

どれか一つでも、「今までできていなかったな」と思うことがありましたら、ぜひ明日の洗顔から実行してみてください。

毎日の洗顔は美肌作りの基本です。

とにかく肌を優しく扱い、摩擦などの刺激を与えないこと、必要な皮脂まで落とさないようにすることが大切です。

洗顔料については、敏感肌乾燥肌用のスキンケアブランドおすすめランキングでご紹介した敏感肌でも安心して使えるスキンケアブランドの洗顔料や自然派洗顔石鹸『ペネロピムーン』の「ジュノア」がおすすめです。

肌荒れがひどい時は、3日程度、Tゾーンだけに洗顔料を使って、ぬるい水でできるだけ短時間に洗顔を済ませるようにして、肌を休めるのもよいでしょう。

ファンデーションは、肌に刺激が強いクレンジング剤を使わず、洗顔料だけで洗い流せるミネラルファンデーションが、おすすめです。

 


関連記事


敏感肌乾燥肌用の肌に優しい美白化粧品おすすめランキング


おすすめ記事